王道のクッショニングモデル「ミズノ/ウエーブライダー」

今回は王道のクッショニングモデル「MIZUNO(ミズノ)/WAVE RIDER 24(ウエーブライダー24)」をご紹介します!


ランナーのファーストシューズとしては定番モデルですね!
ミズノを代表するシューズでもあります(^^)
そして、ミズノといえば”WAVE”構造!
カカト部に波打った樹脂プレート(=MIUZUNO WAVE)を搭載することにより、クッション性と安定性を高めてくれます!(一部モデル除く)
特に安定性の高さは他メーカーと比較しても非常に高く感じます!

さてここで安定性について少し詳しく解説致します。
一般的にカカト部で着地をしすぎると、ブレーキが大きくかかり足や膝への衝撃が大きくなると言われています。
ただし、カカト着地が必ずしもダメということもなく、そこからスムーズに前方向に体重移動ができれば、衝撃を上手く推進力に変えることができ、負荷を軽減できます!
実際、カカト着地でもケガの少ないランナー、速いランナーもたくさんいます(^^)

そしてこのカカト着地ですが、例えばマラソン後半で身体が疲れてくると、重心が後傾しカカト寄りに着地することが多くなってしまいます(重心が残る)。
また、初心者で走り方が分からない方も、ウォーキングの延長で身体を動かそうとすると過剰なカカト着地になりがちです。

カカト=骨ですので、この部分に衝撃を吸収したりバランスを修正する機能は無いため、そのままですがカカト着地は衝撃をダイレクトに受け、同時に”ブレ”が発生しやすくなります。
(衝撃吸収やバランス保持は足のアーチ機能となり、これはまた別の機会に解説します!)
この”ブレ”が疲労や怪我の原因に繋がってしまうんです!

説明が少し長くなりましたが、この“ブレ”を抑えてくれるのがシューズの安定性となります!
MIZUNO WAVEはこの安定性とクッション性を兼ね備えた、他社には無い素晴らしい素材なんです!


また、昨年から話題になっている新クッション素材”MIZUNO ENERGY/ミズノエナジー”がカカト部に搭載されていることで、クッション性と反発性も従来モデルよりもアップしました!
この素材もすごいんです(^^)

その他にもこだわりがあり、
・ガイドレール
 →カカト~母指球にかけてレール(溝)を作ることで体重移動を理想的にサポート!
・フレキシブルライン
 →横にライン(溝)を入れることで足がスムーズに屈曲し自然な履き心地に!
・アッパーはシームレス構造!
 →縫い目がないので、履き心地がよい!
といった機能なども搭載されています!

このシューズにはミズノの技術が詰まっています(^^)
是非クッショニングモデルをお探しの方は「ミズノ/ウエーブライダー24」を試してみて下さい!

「MIZUNO(ミズノ)/WAVE RIDER 24(ウエーブライダー24)」がオススメのランナー
・ランニング初心者
・マラソン完走~サブ4目標
・JOGシューズをお探しの方
・体重のある方(パワーのある方)
・足幅が広めの方
・膝や足首に不安のある方
・ランニング+ウォーキングで使用される方
・ウォーキングシューズで軽量モデルをお探しの方




タイトルとURLをコピーしました