TOPO Athletic(トポアスレチック)ランニングシューズおすすめ3選!

TOPO Athletic(トポアスレチック)にはまった私がオススメする「TOPOランニングシューズおすすめ3選」を今回はご紹介いたします!

TOPOはドロップ(カカトと爪先の高低差)が0mm、3mm、5mmmの3パターンで構成されている低ドロップのシューズブランドです!(このブログ内ではナチュラルランシューズとも表現しています)

一般的なシューズのドロップは10mm前後あり、ほんの数mmのことですが、低ドロップのTOPOシューズの感覚は一般的なシューズとは大きく異なります!

低ドロップシューズのメリットは裸足の感覚(クッションの厚みではなく、あくまでもドロップが)に近づくことで、ドロップに頼らない身体本来の動きがしやすくなり、効率よく走れるきっかけを与えてくれるシューズです!

また、爪先部はラウンドした形状となっており、指先周りの自由度が高いのでこちらも身体本来の足元の動きを再現しやすくなっております!

↓上が一般的なメーカーのインソール、下がTOPOのインソールです!

フォームを意識したい方には是非おすすめしたいTOPOシューズ(^^)

今回はそんなTOPOブランドのシューズよりおすすめ3選をご紹介いたします!

TOPO Athletic(トポアスレチック)とは

まずはTOPO Athletic(通称:TOPO)のブランド紹介!

TOPOは”Vibram Five Fingers”の生みの親としても知られるトニー・ポスト氏によって創設されたブランドです!

トニー・ポスト氏の頭文字からブランド名の「TOPO」が名づけられたようですね!

そしてVibram Five Fingersとはあの有名な5本指シューズです(^^)

ただし、TOPOはVibram Five Fingersの5本指シューズとは異なり、
・シューズ型のデザイン
・クッション性が適度にある
と誰でも履きやすいシューズとなっております!

もちろん自然に走れるというコンセプトはブレておらず、
・指先の自由度が非常に高い(爪先部が丸みをおびています)
・低ドロップ(爪先と踵の高低差が少ない)
であることから、クッションの上で足裏や身体を裸足に近い状態の動きに近づけることができます!
→これが心地よい(^^)

冒頭で述べた通り、TOPOはシューズの良い部分と裸足の良い部分をミックスさせたようなランニングシューズなんです!

※低ドロップのメリットに関してはこちらの記事を参考にしてみて下さい(^^)

TOPO Athletic/マグニフライ3でナチュラルランにトライしてみよう!
今回は話題のナチュラルシューズ「TOPO Athletic(トポ アスレチック) 通称:TOPO」をご紹介致します!低ドロップなシューズですが、クッション性がしっかり搭載されているので、安心安全にフォームの意識や改善にトライしてみたい方にはオススメのシューズブランドです!

また、2021年にはAPMA(AMERICAN PODIATRIC MEDICAL ASSOCIATION)の認証を取得したシューズも一部でてきました!

APMAとはアメリカの認証制度ですが、足の健康に有益且つ一定の効果が認められ、足病医(アメリカの国家資格!)による審査を通過した製品のみに与えられる認証です!

TOPOシューズおすすめ3選!

それではTOPOシューズおすすめ3選をご紹介していきます!

「PHANTOM2(ファントム2)」

こちらはTOPOシューズの中でのクッショニングシューズ!

一般的なメーカーのクッショニングシューズに近い感覚です!

ドロップは5mm設計で走りをサポートしてくれます!

また、TOPOシューズは共通して爪先が少し反り上がった形状(一部除く)をしていますので、前方向への足元の体重移動をサポートしてくれます!

完全なフラットではないところがポイントで、これがシューズの良い部分を取り入れているということですね!

ミッドソールにはTOPOオリジナルの”ZIPFOAM”が搭載されており、他には無いクッション性と反発性を兼ね備えています!

このZIPFOAMがよくできています(^^)

程よい硬さの中に柔軟性もあり、弾力性が高いので自然な反発も感じます!

ファントム2の特徴を簡単にまとめると、クッショニングシューズですが、ブレーキがかかりすぎず、前方向への移動もサポートしてくれるナチュラルランシューズです!

初心者や足が不安な方、マラソン完走目標の方、ウルトラマラソンを走る方、経験者のJOGシューズ等にオススメです!

また、シューズの作りがシンプルながら安定感も高いので、ウォーキングをされる方にもオススメです!

こちらの記事もご参考下さい!

「MAGNIFLY(マグニフライ3)」

こちらは軽量クッションシューズ!

ファントム2よりも軽量で、一般的なメーカーのトレーニング兼レースモデルよりもう少しクッション性があるような感触です!

ドロップは0mm設計で裸足と同じドロップです!

ただし、ファントム2同様、爪先が少し反り上がった形状をしていますので、前方向への足元の体重移動をサポートしてくれます!

ミッドソールはZIPFOAMではありませんが、硬度の異なる2層構造になっていることで、クッション性と反発性を両立しています!

これが絶妙でクッションの硬さを表現すると良い意味で普通です!

クセがなく履きやすい(^^)

マグニフライ3の特徴を簡単にまとめると、軽量クッション搭載でセーフティーな0mmドロップシューズです!

初心者で軽量なシューズを探している方や、クッショニングシューズからのステップアップで軽量なシューズにトライしてみたい方、サブ4を目指す方、経験者のJOGシューズ、0mmドロップにトライしてみたい方等にオススメです!

こちらの記事もご参考下さい!

FLYLYTE4(フライライト4)」

こちらはライトクッションシューズ!

マグニフライ3よりも軽量で、薄底すぎない薄底シューズです!

ドロップは3mm設計で裸足感(ドロップがフラット)もあり!

この3mmドロップがポイントで走りを絶妙にアシストしてれます!

また、ファントム2とマグニフライ3同様、爪先の反り上がりを少し感じます!

これも絶妙に走りをアシスト!

ミッドソールにはファントム2同様”ZIPFOAM”が搭載されており、これが薄底との相性も抜群です!

履き心地は程よく地面を感じ、でもアスファルトの上でも痛くない程のクッション性を備えています!

シンプルなシューズですが高機能なシューズなんです(^^)

フライライト4の特徴を簡単にまとめると、シューズと裸足(接地感)の良いとこどりなシューズです!

フォームをしっかり意識したい方、足裏感覚を重視する方、経験者のJOGシューズ、薄底にトライしてみたい方、サブ3.5を目指す方等にオススメです!

こちらの記事もご参考下さい!

今回はTOPOランニングシューズおすすめ3選のご紹介でした!

是非今回の記事を参考にTOPOシューズにトライしてみて下さい(^^)

タイトルとURLをコピーしました